忙しい経営者のための虫歯・歯周病・入れ歯の短期集中治療 | 東京都巣鴨で入れ歯治療・ドイツ式テレスコープ義歯なら太田歯科医院

忙しい経営者のための虫歯・歯周病・入れ歯の短期集中治療

忙しい経営者のための集中治療

経営者の方達の会合で、「歯の大切さは十分に理解しているが、歯医者に行く時間がなかなか取れない。」というお話しをよく耳にします。

そんな経営者の方のための太田歯科医院独自の短期集中治療特別プログラムをご紹介いたします。

1回の治療で特別に数時間から1日を確保し、効率的かつ計画的な集中治療を行います。
治療開始時に治療計画をご提示し、ご予約はお仕事のご都合に合わせて、事前に複数回お取りいたします。
ご予約は、秘書の方と当院のクリ二カルコーディネーターがご相談させていただくことも可能です。
医療費控除の有効な活用法もご相談させていただきます。

太田歯科医院は平成2年の開業以来、最善の治療をコンセプトに、「生涯に渡り患者さんの歯を失わせないために、健康保険に頼らず、十分に時間をかけた徹底的な高耐久性治療と、科学的に効果のある予防プログラム」を実践してまいりました。

その中で、お忙しく時間の取れない経営者の方からご相談を受け、特別に時間を配慮した上での万全の短期集中治療プログラムを提供させていただくようになりました。

保険診療を扱わない歯科医院は全国7万軒の中で、100軒に満たないと言われており、そのほとんどはインプラント手術を専門とした歯科医院です。太田歯科医院は20年程前からインプラント治療を行っておりましたが、現在はインプラントに頼らない優れた他の方法に特化した歯科医院として、全国から多くの患者様にご来院をいただいております。

特長
1
1日に4人から7人限定の、十分な時間をかけ、最後まで歯を抜かない丁寧な治療を行っています 。

一般的な歯科医院では、一日に15人から多いところでは50人の治療を一人の歯科医師が担当します。

多くの歯科医院で時間を短縮して15分から30分で行われている治療を太田歯科医院では最善を目指し1時間かけて行っています。

もっと詳しく

特長
2
お忙しい経営者の方、地方からご来院の方のために、数時間から一日、お一人の治療に専念する特別予約を行っております 。

経営者プログラムでは、多くの歯科医院が1回の治療を30分程度で終わらせて数回に分けて行う治療を、十分な時間をかけて精密丁寧に1回で終わらせます。
また、治療中の仮歯は審美性と耐久性に優れた物をお作りいたしますので、数週間の海外出張などでも、ご安心いただけます。

もっと詳しく

特長
3
歯にかかる大きな力によって起こる虫歯や歯周病についての対策は多くの歯科医院ではほとんど行われていません。太田歯科医院では生涯歯を失わないために、とても重要な細菌と歯にかかる応力の両者に対するアプローチを行っています 。

フェイスボウ検査
フェイスボウ検査

虫歯と歯周病の原因は細菌と歯にかかる応力の両方です。

日本のほとんどの歯科医院は、歯の周りの汚れの中にいる虫歯菌と歯周病菌だけが歯を失う原因として、予防と治療を行っています。しかし歯に加わる過大な力に対処していないために歯を失うことは非常に多くあります。

太田歯科医院は歯に加わる応力に対する専門的知識を持って、治療に万全を尽くしています。

その一つの例として、太田歯科医院では、治療の際にフェイスボウというかみ合わせの検査を行い、それを利用して歯を作る技工所ではそれぞれの方特有の上下の歯の動きを精密に再現する方法で製作し、歯を守ります。

歯に加わる力が一定以上になると、歯を支えている骨が溶けて歯がグラグラになってしまいます。この力を減少させる治療を行わずに、歯石を取ったり、歯周病菌を減らす治療だけを行っていると、一時的には歯肉の炎症は改善されるのですが、時間と共に歯周病が再発し骨を失ってしまいます。

また、虫歯の治療が長持ちせずに虫歯が再発してしまう原因は、歯ブラシの仕方が悪いせいだと思われていますが、実際には歯にかかる力によって虫歯が再発している場合がほとんどです。歯の治療でセラミックや金属を歯に取り付ける場合に接着剤を使用しますが、接着剤は強い力がかかるとヒビが入り、歯とセラミックや金属との間に隙間が出来て、そこに虫歯菌が入り込み酸を出すことで、再び虫歯が出来てしまいます。歯の内部に溜まった細菌の出す酸は高濃度となり、虫歯が一気に進むこととなります。

そこで、太田歯科医院では、歯にかかる力のバランスを適正に調整することと、特別な接着技術と優れた材料を用いて、接着剤の寿命を延ばす取り組みを行っています。

もっと詳しく

特長
4
通院回数を減らし、その場で製作物の微妙な調整に対応するために医院併設の歯科技工会社を設立しました 。

特別な技術を持った技工士が医院にいることで、通常だと複数回通院が必要だった治療が1回で終了することもあります。また、セラミックなどの歯の色の微妙な調整を、患者様と一緒にご相談しながら、その場で調整することが可能となります。技工士が医院いない場合、セラミックの色が合わなければ、技工所に歯を送って調整し、患者様にはもう一度来院していただかなければなりません。

もっと詳しく

特長
5
全ての治療に拡大率4.5倍、10倍のルーペまたは30倍の顕微鏡を使用して、精密かつ繊細な治療を行います 。

顕微鏡を使用
4.5倍ルーペとライト付き10倍ルーペ、顕微鏡

歯にピッタリして段差やすき間のない精密な治療を行うことで、汚れが溜まりにくく、歯周病、虫歯を防ぎ、歯の寿命を延ばします。

もっと詳しく

特長
6
直径0.5mmのドリルを用いた、必要最小限しか削らない低侵襲治療を行います 。

直径0.5mmのドリル

一般的には時間短縮のために直径1.5~2mmのドリルが使用されますが、ルーペを使用しながら十分な時間をかけて直径0.5mmのドリルを使用することで、本当に必要な部分だけを削り取る歯を守る治療を行っています。

もっと詳しく

特長
7
一般的な歯科で使われる接着剤の20倍の接着力の接着剤を用いた再度虫歯になりにくい高耐久性治療を行います 。

一般に使用されている接着剤の20倍の接着力といわれる、歯科用接着剤の中でモンスターレベルと言われるサンメディカル社製スーパーボンドをいろいろな場面で使用することで、歯の治療の耐久性を大幅に伸ばすことが可能になります。

また、セラミックの接着ではイボクラ社製マルチリンクレジンセメントを使用することと、一般的にはあまり行われていない、弗酸表面処理を接着直前に行うことと、歯の表面処理を通常よりも一工程追加することで、セラミックと歯の接着力を大幅に強化しています。

もっと詳しく

特長
8
歯にかかる応力バランスの計算ソフト(TRCPS)を専門企業と共同開発しました。「歯にかかる力」を考慮した、歯と骨に優しい高耐久性治療を行います 。

歯にかかる応力バランスの計算ソフト(TRCPS)

歯が失われると残っている歯にどの程度力の負担が増えるのか、今までは歯科医院で具体的な計算を行うことは出来ませんでした。応力バランスの計算ソフトでは、残っている歯の位置、1本の歯の骨の量などを入力することで、どの歯にどの程度の力が集中するのかを数値化することが可能となります。

もっと詳しく

特長
9
歯を守るためにとても重要な噛みあわせの専門技術を提供する歯科医院です 。

高度なかみ合わせの専門的知識を持った歯科医師は全体の1割に満たないと言われています。しかし、かみ合わせは歯を将来失わないためには非常に重要な技術です。

日本の噛み合わせ指導の第一人者の元で1000時間以上の研修を受け、かみ合わせと顎関節の関係を三次元的に調べる咬合分析、歯の負担を減らすためにお口の動きに合わせて0.01ミリレベルで調整する本格的な咬合調整、かみ合わせや顎関節の動きを精密にコンピューター診断する機器を使用した検査などを提供しています。

もっと詳しく

特長
10
歯科用CTを完備し、歯と骨を三次元的に精密診断し、診断精度を大幅にアップした勘に頼らない精密治療を行います 。

歯科用CTを完備

将来歯を失う大きな原因は、虫歯が極端に進んでしまった場合、歯が折れてしまった場合、そして歯を支える骨が溶けて歯を支えきれなくなった場合がほとんどです。

この中で、骨が溶けた状態の診断は通常のX線撮影では横方向からの影を見ているに過ぎず、どの方向の骨がどのように失われているかはわかりません。CT撮影をすることで立体的に骨の状態を知ることが出来、効果的な治療を行う大きな助けとなります。

もっと詳しく

特長
11
歯を何本か失ってしまった方には、日本ではほとんど行われていないインプラントに頼らないドイツ式テレスコープ治療を専門的に扱う歯科医院です 。

ドイツ式テレスコープ治療

歯を失うことになると、最近では歯科医院でインプラント治療を勧めることが多くなっているようです。

しかし、インプラント治療は手術が怖い、マスコミや知人から結果が思わしくなかったという話しを聞いて、出来れば避けたいと考える方が増えています。

 

インプラント以外の選択肢としては、入れ歯ということになるのですが、金属のバネのついた入れ歯は審美的でないことから、最近ではバネが歯肉の色と近似していて、他人から入れ歯だと気づかれにくいものも広く使われるようになってきました。しかし、金属であれ歯肉色のバネであれ、基本的にはバネの弾力で歯のない部分の入れ歯を支える構造ですので、ぐらつきがあり使用感が優れずに他に良い方法がないのか、探されている方がたくさんおられます。 太田歯科医院で提供しているドイツ式義歯のテレスコープ義歯はバネがなく、他人から入れ歯だと気づかれにくく、残っている歯に直接義歯を固定するために一般的な入れ歯に比べて使用感が優れています。

もっと詳しく

特長
12
院長が独自に開発した、歯を一切削らない接着によるブリッジ治療を提供しています。 歯を1本失った場合に前後に歯があれば、前後の歯を削ってブリッジ治療が行われることがあります 。

インプラント治療のように手術が必要ないために一般的に最も良く行われる治療方法です。

しかし誰でも前後の歯を削ることは出来るだけ避けたいと考えます。そこで30年以上前に考え出され、日本中で行われたのが歯を削らずに前後の歯両方に人工の歯を接着剤で貼り付ける接着性ブリッジという方法です。しかし歯は力がかかるとそれぞれがほんの少し揺れる構造になっています。そのために単に接着剤で貼り付けただけではそれほど長持ちせずに外れてしまったり、剥がれかかって虫歯になってしまったり多くのトラブルを抱え、その後その治療方法は姿を消してしまいました。

 

私は歯を削らずに接着で長い期間使うことが出来るブリッジが出来ないものかと考え、接着した歯が力に負けて剥がれてしまう原因と構造的欠陥について、物理的な観点で独自の構造を設計し、25年ほど前から患者さんの同意を得て治療を行ってまいりました。この方法は外れにくく、虫歯になりにくく、将来もし接着が剥がれても再度接着し直すことが可能で、リスクの少ない治療方法と言えます。

この方法は歯のかみ合わせと物理的な条件をよく理解して行う必要があり、今のところ開発者である私以外に公開しておりません。

もっと詳しく

太田歯科医院について

無料ご相談・お問い合わせ

診療時間

月・火・水・金
9:30〜12:00
14:30〜17:30
土曜
9:30〜12:00
14:30〜16:30
休診日
木曜・日曜・祝日

アクセス

太田歯科医院へのアクセスマップ
東京都豊島区巣鴨1-36-10
TEL 03-3943-8109
  • ●JR山手線 巣鴨駅より徒歩3分
  • ●都営三田線 巣鴨駅より徒歩2分